FC2ブログ

[エロゲ感想]はるまで、くるる。 | すみっこソフト

・公式

すみっこソフト『はるまで、くるる。』応援中!



この前なつくるプレイし終わりました。
で、あれの感想を書くためにこっちも書いておかないとね。
なんだかんだで色んなとこで何度か感想書いてるけど改めて。


・グラフィック
原画によって(2人しかいないけど)ばらつきが・・・
結構怪しいCG多かったかも。
SDがいい仕事してる。


・テキスト
構成的にエロシーンが序盤に大量にあるのでそこでの脱落者が多いかもしれない。
体験版は延々とエロシーンだった。

これ書くにあたって初めて公式のストーリーとかバナーとか見たけどなんかおかしい。
「春なんか、もう来なければいいのに」って書いてあるけど違うよね?そういうお話じゃなかったよね・・・?
たぶん体験版2の方をやったほうがお話はわかると思う。

序盤から謎めいた雰囲気が濃い。
後半の怒涛の種明かしからの展開が熱い。
鬱ゲーとか言われてたけど鬱ゲーではないと思うよ。


・キャラ
いいキャラが揃ってた。
閉鎖空間モノということで公式を見て分かる通り4人でほぼ物語が進行する。
各ルートでそれぞれのキャラがいい味を出していた。


・音楽
OPED共にいい曲です。
それにOPムービーがおしゃれな感じでいい。

あと、BGMがいい。
BGMが印象に残るエロゲってなかなか無いけど、はるくるはきちんと印象に残ってる。


・H
序盤にまとめてハーレムシーンが有る。
あれはあれで意味があるんだけど、お話全くなしでエロシーン延々っていうのは結構辛かった・・・。


・ゲーム性
新項目。エロゲーとしての価値に関して。

これは低かった。
ぶっちゃけゲームである必要がそんなにないお話だった。


・総合
シナリオが良いゲームでした。
さすがは2012年萌えゲーアワードシナリオ銀賞。
日常会話のぶっ飛んだ雰囲気と、謎めいた雰囲気、そしてぶっとんだ謎の解明から綺麗にまとまっていました。

未だに中古が高価だけどDL版もあるので気になる人は買ってみては(ステマ)



以下、ネタバレ有りの感想です
2900本しか売れなかったのは体験版のせい(唐突)

製作の都合上仕方なかったとはいえ序盤に延々とハーレム、一本道シナリオだから3周めでようやくあの空間の秘密が明かされるという仕様で、一番おもしろいところが宣伝できてなかった。


とまあそんなことはどうでもいいので感想をば。
春海→秋桜→冬音→静夏の順で固定なのでその順番で。

・春海
春海は唯一、物語の核心に触れなかったキャラ。
殺人欲設定も、あとあとすごい伏線になってるかとおもいきやそんなことはなかった。


・秋桜
世界の秘密に迫る回。
いきなり冬音(仮)の死体が出てきて、この辺りから言いようのない不安感がやばかった。

ボクっ娘でアナルキャラ。
やっぱり秋桜は平和な日常シーンのほうが可愛かった。


・冬音
世界の秘密を知る回。
不死身のクラゲだとか4次元配列だとかいきなりぶっ飛んだ単語が並ぶ。
しかもそのまま冬音に殺してくれと頼まれてほんとに殺したときはうお、ってなった。
絶対に忘れない、とか言いつつその後のシーンで忘れちゃってるのがほんと辛かった。

この周回では妹キャラ。
これはいいタイプの青葉りんご。


・静夏
いつか地上に戻れる、という希望を打ち砕かれ死を選び無気力化した一季を静夏が更生させる回。
実は初回プレイの時、この時点でまだ冬音のことを忘れたショックを引きずってて素直に静夏を受け入れられなかったんだけど、改めてプレイしてみると静夏まじ聖女。

またぶっ飛び展開からの希望につなげて終わるんだけど、これがまた切ない。
静夏のことまた忘れちゃうからね・・・。忘れないとか言ってたけどね・・・


・グランドエンド(?)
バーナード星への移動時間のためのループと、最後の365日。
最後の1年の初日の、「こんにゃん」「うんにゃん」「にゃんにゃん」は謎の感動。
あのSD絵は素晴らしい。

外に出られる、という希望があるんだけど、それでも漠然とした不安感がすごかった。
それだけに、最後外に出て桜の花っていうのが良かった。
更に追い打ちで一季が笑うっていうのがね。
あれだけぶっ飛んだ設定から綺麗に大団円っていうのがすごいと思う。



一本道シナリオでかつ、各キャラのエンドはすべて忘れてしまう。
かつループ設定をあまり隠していないという仕様上、別にゲームである必然性は無かったかなー。

ぶっとびSFで綺麗な終わり方、っていうのがよかった。終わりよければすべてよし。
途中は不気味にすら感じた春よ来いがね。ラストには本当に春よ来いって気持ちだった。

感想書いてたらまたやりたくなってきた。静夏ルート以降は何度かプレイし直してるんだけど。
また初めからやろうかなー・・・。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://melon87.blog.fc2.com/tb.php/14-cd2a996c

 | HOME |